スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つのD1…

D1SL


D1GPには、トップクラスの「D1GP」とその下にもう一つ、
「D1 STREET LEGAL」というクラスがある。
シリーズ戦において全戦で開催されるわけではなく、
今回はたまたま、同時開催で行われた。(昨年の鈴鹿では未開催でした…)

しかし、ドリフト人気を象徴するかのごとく、
このクラスも参戦が多い。

正直見た目に実力の差はあるものの、
こちらの方が見ていて楽しい。
意外な走りが期待できるから…。
スポンサーサイト

もう一つのビッグイベント…

D1鈴鹿


何も終末にビッグイベントを重なりあわせなくてもいいのに…。
っというのが本音でした。
昨年は、このD1GP鈴鹿戦が全日本シリーズと日程が重なっており、
見ることが出来ませんでした。

といっても、見るのは今回が初めてで、
改めて人気の高さ、トップレベルの面白さを体験させていただきました。
これは、人気でますよ~。

サーキットの必需設備…

2007.05.28 One day, One cut!
ネット


世界中のサーキットで、私たちカメラマンを悩ませる「モノ」。
それがこれなんですが、わかりますよね。

夕暮れの鈴鹿サーキットで、しかもド逆光。
普段は恨めしい「ネット」であるけど、
見方を変えれば、面白いものだ。

カートの世界戦…

世界カート選手権


昨年から世界戦に復帰した鈴鹿でのカート選手権。
昨日は、鈴鹿サーキットの東コースで開催されている「D1GP」に行ってきたのだが、
今日は同じサーキットの南コース。
ここで、世界選手権のカートレースが開催されていた。
木曜日から始まり、今日で4日目。
週末は、金曜日が雨に祟られたけど、
土曜日、日曜日の今日と絶好の好天に恵まれて、
面白い、興味深い争いが展開された。
(今年初めて思いっきり日焼けしました…)

普段日本で見られるカートレースとは違い、
迫力満点で、テクニックも素晴らしい。

さすがに未来のF1ドライバー達とうたわれるだけあって、
その実力は目を見張るものがある。

機会があれば、一度みてみた方が絶対にいいですよ。

雲雀もいましたよ…

2007.05.24 One day, One cut!
ひばり


前回のコチドリも綺麗に撮れたのですが、
「ひばり」が、最近のサーキットではよく見かけます。
すずめよりも一回りほど大きい鳥で、
これがなかなか撮りにくい。


偶然、目の前に降り立ったので、
こんな絵が撮れました。
でもすぐに、シロツメクサの中へ消えて行ってしまいました。
結局、このワンカットのみ撮影できました。

日本限定バージョンってか…

2007.05.23 Tabaco
日本限定マルボロパッケージ



日本限定マルボロシガレット単体


最近、はまっているタバコの一つ。
「日本限定ブレンド No,27」っていう触れ込みで発売された。
(もうしばらく経つけど…)

赤のマルボロよりもマイルドで、味がある。
これでソフトボックスでなく、ハードボックスが発売されればありがたいのだけど…。

一個パックで、写真のようなライターセットで発売され、
(確か3月ぐらいに新発売になったような…遠い記憶…)
今でも、このライターセットが売られている。

あまり吸っている人は見かけないし、
日本限定って意味はよく理解できないのだが、
味的には「かなりいい感じ…」なのだ。

なんて書いている場合じゃなくて、
そろそろ禁煙考えないといけないかな。

22/05/07-ブルースカイ…

2007.05.22 One day, One cut!
ブルースカイ


名古屋の新空港が常滑沖にでき、もう数年も経ってしまった。
「セントレア」という名前も、最近では、認知されている。

そのおかげで我が家のある弥富市(愛知県西部)の上空を、
風向きによっては、飛行機が離着陸のために飛び交うようになった。
(これがほぼ一年中なんですけど…騒音には慣れました)

そんな離着陸の風景を、真下から撮影できるのは、
結構うれしい限りです。

写真は、名古屋を通過するかなり上空を飛んでいる飛行機。
真っ青な空と、白銀に機体は、絵になります。

500㎜レンズをD2Xにくっつけて撮ってみました。
いかがでしょうか…。もちろん、手持ちで…。

21/05/07-花…

2007.05.21 One day, One cut!
花01


マクロレンズは、好きなレンズの一つです。
花だったり、昆虫だったり、そのほかにも結構撮影します。
今の季節、どこへ言っても花が咲き乱れ、
梅雨入り前の一番いい時期ですよね。

家の庭先に咲いていた花も、写真で撮るとこうなります。

20/05/07-知多でバードウォッチング…

2007.05.21 One day, One cut!
知多の鳥


愛知県の知多にある「Lido美浜サーキット」。
雑誌の取材で訪れた際、耐久レースということもあり、
時間をもてあましていたので、思わず撮ってしまいました。
(他に来ていたカメラマンも時間をもてあまし気味でセントレアに発着する飛行を撮影していたし…)

結構人になれているのか、近くまで行っても逃げないし、
アングルよく、ローアングルで撮影できたので、
撮っていて楽しかったですよ。
この鳥、名前は「コチドリ」。チドリ科の渡り鳥で、
夏場を日本で過ごし、インドなどへ帰っていくようだ。

鈴鹿の「ケリ(鳥)」と違って、襲ってくる事もなかったしね。<笑

19/05/07-風しのぎ…

2007.05.19 One day, One cut!
シオカラトンボメス


曇ったり晴れたり…、不安定な天候の下、
ベランダに飛んできた“シオカラトンボ♀”が、
強風を避けるためか、近づいても逃げずに、へばりついていた。

人間でも自然には勝てないけど、
より小さなトンボでは、自然に勝てるわけもないし、
状況をより身近に感じ取り、無理せずに生きているって感じがした。

18/05/07-龍の瓦(松島)…

2007.05.18 One day, One cut!
龍の瓦


鬼瓦など、瓦というのは地方に様々なものが点在しているが、
この本格的な龍をあしらった瓦というのは、初めて目にした。

日本三景の一つ、松島に面した一角にあったのだが、
やはり、目立つ存在だった。

神社仏閣など、日本瓦の構造には興味深いものがあり、
面白いものがあれば、撮影しているけど、
こんな立派なのはそうないだろう。

果たしていつ造られたものなのだろうか。
見た感じ、まだ新しいもののようでしたけど…。

17/05/07-ディスプレイアート・アット・仙台

2007.05.17 One day, One cut!
イタトマコンテ


仙台の休日。
朝方、小腹がすいたいうことで、“イタリアントマト”に入った。
国分町にあるカフェ。

その壁面に、サイン入りで、
多分、コンテで書いたのだと思うが、
ご覧のように絵画が描かれていた。

明るめの清潔感ある店内に、おしゃれな雰囲気を生み出していて、
面白い思考だと思った。

コピー絵画の氾濫する日本国内に、
こんな一点物のアートもいいかも。

でも、時間と共に、掃除と共に消えていくだろうから。
意外と高くつくのだろうか…。

仙台観光&レンズテスト…

2007.05.17 TRAVEL
仙台の中心部にホテルを手配し、今回は拠点とした。
井上氏(仙台の達人!?)の自宅からも近く本当に正解だった…。
そして、今回の仙台ツアーは、井上氏のアテンドのおかげで、十分に満足いたしました。

井上氏の愛車で仙台市内出発


そして、小一時間ほど走って到着したのはここ。
蔵王で~す。標高も高くやはり肌寒い。
市内はそうでもないけど、菅生もそうだったけどやはり山はまだ寒い。


蔵王



そして、蔵王の景観も、天候にめぐられてすばらしかったのだけど、
もう一つの目的である“10.5mmレンズ”での撮影。
このレンズって、本当に面白いですよね。
本当に欲しいレンズの一本ですが、値段も高いですよね。
(社外品では出ていないし、純正しか発売されていない…)

雪の逆光では


山頂の神社


井上氏の愛車では


蔵王の一望カットから、逆光での太陽入りの雪積、山頂にある神社、
そして、井上氏の愛車のメルセデスまで、
実際には撮りすぎなほど撮影してしまいました。<笑

そして、あっという間に一週間が経ち、訪中の水曜日が訪れて、
井上氏&前原氏は、上海へと移動。
残された私は、帰るにはまだ時間も早すぎたので、
一人で、磐梯山へと行ってみることに…。
(ETCの深夜割引を使いたかったので…)

この日も、蔵王を訪れた日と同じで快晴の好天。
(午後になるとうす雲が広がり始めました…)

五色沼からの磐梯山


この写真は、裏磐梯にある五色沼からのロケーション。
観光客がこの時期でもたくさんいて、
なかなか写真が撮れない状況でしたが、
急ぐわけでもないし、のんびりと待ちながら撮影…。
しばし、あたりを散策し、磐梯山の表側へと移動。

磐梯山のつくし


そして、山桜の咲いていた磐梯山周辺だったけど、
なかなかいいロケーションがなくて、
車を降りて散策していると、
スキー場の端につくしがいっぱい…。
この写真の方が旨く撮れたので、ブログにアップを決定!!。

そして、温泉につかってのんびりと過ごし、
帰宅したのは深夜の12時を回っていた。

一路新潟に抜け、北陸道を南下して米原から名神へ。
岐阜羽島インターで下りて、我が家まで戻ってきました。
長旅でしたが、アテンドしてくれた井上氏のおかげで、
本当に楽しめました。
(地元の方がいると知らないところに手が届きます)

ありがとうございあす!
次は“タイランド”ツアーですかね!!
期待しております、よ、よ、よ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。