FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバルとロードのW開催は…

S耐最終戦もてぎ

2008年度のスーパー耐久の最終戦は、土曜日予選決勝のロードコース開催、
そして、翌日曜日には、オーバルコースでスペシャルレースの開催という、
ツインリンクもてぎにある二つのコースを使用して、週末に開催された。
初の試みでもあり、結果は。。。

これが楽しいものだった。
(私はそう思った)

通常のロードコースでの最終戦は、当たり前というか普通というか、
馴れ合い(いつもと同じ感覚)の中でのレースといった意味も感じられる。
反対にオーバルコースでの開催は、シケインがあることも含み、
新鮮で面白いものだった。

それが週末に一気に見られること。
それは観客にとっても面白くないわけはなく、楽しいものだと思う。

今回は、スーパー耐久として開催されたけど、
スーパーGTでもフォーミュラ日本でも、
同じ事を行えたら、もっと楽しいかもしれない。

もちろん、サーキット側の努力や協力、それぞれのオーガナイザーの努力や協力、
チームやドライバーの努力や協力など、様々なハードルはあるのだろうけど、
実現できれば、今までにない面白いレースが一週末に見られることになる。

こんなイベントも新鮮でいいものだと思った。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。